怪劇Blog

休息所です サイトはコチラ→【http://kitaro.konjiki.jp/】

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鎌倉グリーン


Category: 雑記   Tags: ---
締め切り地獄から解放されたので、鎌倉で骨休め。

ちょっとね、鎌倉へね、なんて軽い気持ちで出かけたけんど
北鎌倉から 東慶寺→浄智寺→葛原ケ岡ハイキングコース
(とは名ばかりの超山道)→葛原岡神社→化粧坂切通し→
源氏山公園→銭洗弁天→佐助稲荷→鶴岡八幡宮までを
歩いて汗グショグショになりました。爽やかじゃない…。



次回は「大仏ハイキングコース」を歩きます。
なんといってもネーミングセンスがカオスすぎる。

スポンサーサイト

「少年の夏」


Category: 釣りキチ三平   Tags: ---
これから大好きな「釣りキチ三平」について定期的に語ります。

週間マガジンで「三平」を連載していた当時、矢口プロでは月刊マガジンでも「三平」の(主に)読み切り作品を連載していました。いつ寝てたんだろう…。

週間連載では長編シリーズモノ、そして月刊連載では小粒な短編モノがそれぞれ楽しめるのですが、この月刊マガジン用に描いていた短編には、結構トンデモ系も多く、当時の自由な気風がうかがえてあなどれません。

そんな短編モノから、本日は『少年の夏』(マガジンKCコミックス45巻収録)を御紹介したいと思います。

なーんつって。

この『少年の夏』はそのものズバリ、三平の「性の目覚め」を矢口先生が赤面しつつ照れながら描きあげたヒジョーに甘酸っぱいお話です。恥ずかしいです。

【ストーリー】
冒頭、両親と大ゲンカして、渓流で鮎釣りをしている三平のもとに走るユリッペ。
               ↓
ここでもユリッペの乙女心が原因で三平とユリッペは口論に。
               ↓
都合良く降り出す大雨
               ↓
びしょ濡れの三平とユリッペは木の下で雨宿りをすることに
               ↓
三平、ユリッペを木の真下に誘導しようとして
               ↓
ユリッペのおっぱい触る


おっぱい触った直後の凄い表現描写!
sam02.jpg

おっぱいに大興奮です。

更に「キャッ!三ちゃんのエッチ!!」「イヤッ!!こっちを見ないで!!」と、まるで誘うかの様なユリッペの嬌声に、三平はもう辛抱たまりません。

「ハッ!!」

「ウウッ…!!」

「ユ、ユリッペのシャツが雨にぬれて…」

「か、からだがすけて見えるウ…」

「い、いつのまにか む、胸がふくらんで…」

「こ、腰のあたりがやたらとくびれて…」

------------------------------

読んでるほうが恥ずかしいです。

ちなみにユリッペのおっぱいに触ったのはこの時が初めてではないんですが、ここまで生々しく「性」を感じさせる描写にはビックリしたもんです。

この震える右手でその夜、三平がナニをしたとかしないとかいやしないわけがないだろうとかそういうコトも含めて、汚れちまった大人にオススメの話です。

10 2009
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

09

11


 
プロフィール

きんのたまむし

管理人:きんのたまむし
エロくないマッサージ屋はどこですか
目・肩・腰がツラい今日このごろです

 
 
 
Amazon

 
check!!

 
 
ブログ内検索
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。