怪劇Blog

休息所です サイトはコチラ→【http://kitaro.konjiki.jp/】

 

ぶらりぷりぷり県の旅2/マタギと3P編


Category: ぷりぷり県/秋田県   Tags: ---
DSC07015.jpg

そしてマタギの里・阿仁へとやってきました。
ここもかつて温泉に足しげく通った大好きな場所なんですが
温泉とマタギ以外にどーしても達成したい悲願があったんです。

DSC06991.jpg

それがコレ!!マタギのどぶろく!その名も「マタギの夢」!!!
これは語ると長くなるんですが、阿仁は濁酒どぶろくの特区申請を
ぷりぷり県内ではじめて行い、2005年に「阿仁マタギ特区」を獲得。
どぶろくの製造販売を小規模ながら認められたどぶろく特区なんです。

特区申請から獲得までを、私は当時県内ニュースや新聞で追いかけて
いたんですが、その頃同じく、まあ鬼太郎のあれやこれやで暗躍して
東京とぷりぷり県を行ったり来たりついには引っ越したりと、とても
慌ただしい日々を送っており、遂にマタギのどぶろくを飲む事もなく、
ぷりぷり県を離れてしまった訳です。

DSC06990.jpg

そんな悲願のマタギのどぶろくを、やっと飲めましたあああ!!
旨い!微発泡で濃厚なのに爽やか!またこの熊鍋とよく合うぞ!!

DSC07010.jpg

熊鍋はねえ、ホントに美味しいんですよ。身体が心底温まります。
猟から戻ったマタギの冷えて痛んだ身体を、温泉と熊鍋とどぶろくが
癒したんだろうなあ…と想いを馳せながら、どぶろくをおっちゃんに
頼んで量り売りしてもらいます。ここでは容器を持参すれば、少量の
どぶろくを売ってもらえるんです。

P1010098.jpg

それにしても今回驚いたんですけど、新幹線内の無料雑誌が、阿仁の
マタギ特集だったんですよ!しかも熊谷達也の「邂逅の森」メインで!
いや、というか良いの?「邂逅の森」メインで!?

熊谷氏の小説は昔から好んで読んでますが、この「邂逅の森」はですね、
ハッキリ云って、エロ小説です。しかも私好みの昭和エログロ満載です。
大体、この小説で覚えている事といったら、炭坑で少年とおっさん2人の
3Pホモセックスです。あとはとにかくマタギがセックスしまくってます。
おっさんに犯され続ける少年もですね、なんかマタギに愛の告白したりね
もうね、なんのエロ同人ですかみたいなね、まるで私が妄想云ってるみたい
ですが本当ですからね、えーと、つまりオススメなので未読の方は是非!

P1010097.jpg

そんな事から、22ページにも渡る「邂逅の森とマタギ特集」を新幹線内で
ニヤニヤしながら読んでいました。いやもうホント、これはビックリですよ。
しかし私が紹介するといかがわしい感満載ですが、「邂逅の森」は間違いなく
マイベストオブ☆マタギ小説です。エロ抜きにしてもね、いやホントに。
しかしマタギとエロは切り離せないから、エロ抜きはあり得ないんですけどね。
なんかちょっとコーフンしてきてうるさいですね。

DSC07005.jpg

思い入れの深い土地で思わず長文になってしまいました。
しかしまだ終わりません。マタギ次回に続きます!
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

04

06


 
プロフィール

きんのたまむし

管理人:きんのたまむし
エロくないマッサージ屋はどこですか
目・肩・腰がツラい今日このごろです

 
 
 
Amazon

 
check!!

 
 
ブログ内検索
 

Archive   RSS   Login