怪劇Blog

休息所です サイトはコチラ→【http://kitaro.konjiki.jp/】

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

風魔一族と汗まみれと妖怪大戦争


Category: 鬼太郎   Tags: ---
アニマックスで幻のルパン作品・「風魔一族の陰謀」(1987年制作)を見ました。
初見でした。そしてビックリしました!これはスゴイ!!!!

s00.jpg

作画凄過ぎる!アニメーターの個性と仕事が光り輝いている!!!
コレはナニゴトだ…と思ったら、監修があの大塚康生さんということで、納得。

そうだ。大塚さんの著作が確か、書庫にあった筈…と家中探して屋根裏で見つけました。
まさに汗まみれですよ。

s06.jpg

そしてこの著書で「風魔一族の陰謀」についての記述を再読して、再び、納得。

----------------
『コンテ作業に入ると、「バスト」「口パク」の切り返しばかりだったのです。
びっくりした原画陣から「これでは困る」と要求される事態になりました』
                  ↓
『テレコムの原画陣は(中略)変化に富んだカメラワーク、説得力のあるコンテに
慣れていたので、もっと密度の高い画面を要求したのは当然でした』
                  ↓
『やむなくシーンごとに原画数人に分けて、コンテを完成させました。この段階でアイデアも
ストーリーもふくらんでいって、まるで初期の東映長編の再来になってしまいました』
----------------

無難なコンテに作画陣が「もっとオモチロイの描かせろ!」と声を上げて、自分たちで
コンテを切っていく、その結果のあのハチャメチャな超クオリティの連続シーンだったと。
こういうのって、作品を見てるとおのずと作画や絵にちゃんと出るから面白いですね…。

で、このくだりを読んでいて、以前仕事で、監督の葛西治さんに3期鬼太郎の映画
「妖怪大戦争」の制作時のお話をうかがった時の事を思い出しました。
そして、このいわゆる東映長編スタイルを、葛西さんは「妖怪大戦争」でやりたかったんだな
ということがスッと頭に入ってきて、なんだか、なんとも、微笑ましい気持ちになりました。

曰く、主要な作画陣のいなのん先生や兼森さんに、コンテを出して出してと云ったんだけど、
なかなか上がってこなかったんだwと。当時の記録ノートを見ながら楽しそうにお話されて
いて、あの時、葛西さんが云われていたのはこういう事だったんだな、と。また改めて納得。

s01_20121022122328.jpg

どの分野でも「プロの仕事」をする人というのはホントに凄いなあ…。
こういう作品をきっかけに、見たい作品がどんどん増えていくのがまた嬉しいな。

あー!良いモノを見た!

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



10 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

09

11


 
プロフィール

きんのたまむし

管理人:きんのたまむし
エロくないマッサージ屋はどこですか
目・肩・腰がツラい今日このごろです

 
 
 
Amazon

 
check!!

 
 
ブログ内検索
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。