怪劇Blog

休息所です サイトはコチラ→【http://kitaro.konjiki.jp/】

 

スポンサーサイト


Category: スポンサー広告   Tags: ---
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死神ルイニとゴッドファーザー


Category: ロミオの青い空   Tags: ---
「ロミオの青い空」は GYAO! で第一話は無料で観られるので、未見の方は
ぜひ一話目からのブッ飛ばし展開に衝撃を受けて欲しい…。凄いよ…。


ru06.jpg

もう冒頭からいきなりメーテルが語り出してロミオのノーパン寝起き&ケモノプレイで
ショタコンを殺しにかかってくるからね…ピッコロプレイのシーンとか執拗過ぎるよね…


ru05.jpg

そして日照りの続くロミオの村に人買いの死神ルイニがやってくる…
村から村を渡り歩き、極貧農奴から子供を買ってはミラノで売り飛ばすこの男が、
私なんだかすごく好きなんですよね。本名:アントニオ・ルイニ。40才です。


ru04.jpg

19世紀のイタリア+人身売買+巷であだ名で呼ばれるくらい有名というところから
恐らく死神ルイニはマフィアの一員、それも末端の下っ端の部類じゃないかという
話を先日、飲みの席でしていて、ああ、コルシカ・マフィアか!ゴッドファーザーだ!
いやゴッドファーザーはイタリア系だけどニューヨーク・マフィアじゃなかったっけ?
等と混乱を呈してきたので、近々ちゃんとゴッドファーザーを見直したい所存です。


ru03.jpg

そんな死神ルイニが可愛いロミオに目をつけ、どうしてもロミオが欲しくなる訳ですよ。
そして貧しいけれど幸せそうなこのロミオ一家の様子と……


ru02.jpg

それを見つめる死神ルイニのこの表情たるや…

直後にボツリと呟く、 「あいにくと、幸せそうな家族というのが嫌いなんでね…」
という言葉がね、これがすごく重い。重くて心に刺さるんですよ。
何故かというと、この言葉を吐くということは、ルイニは「家族」というものにトラウマを
抱えているからなんじゃないかと。幸せな家族などとは無縁な、ひょっとしたらルイニ
自身も、幼い頃に親に売られた子供時代を過ごしていたのではないかと。つまりこれは
犯罪心理で云うところの「負の連鎖」で、売られたルイニが過去を克服して生きていく
ためには子供を売るしかその方法を知らなかったのではないかと。ルイニは生きる為に
心のある部分を殺してしまった男だ…好きだ…そうだ…死神ルイニの一生本を出すか!

「やめろ」
「落ち着け」
「……はい」

っていうような会話が飲みの席でなされるくらい、死神ルイニのキャラは魅力的です。



ru01.jpg

そんな心に傷を持つ(断定)死神ルイニが、どうしてもロミオを手に入れるために
取った手段がまた鬼畜の所行で大変に酷くてゲスくて素晴らしいので最高ですよ。
すげえな名作劇場…名劇の隠された闇の部分が見事に出てるな…いやむしろ全然
隠してないな…全開だな…「燃えろ…最後の希望まで…」 とか…最低で美しいな…

---------------------------

あと自分の中では割と突発的な部類に入る本作りが、今、大変に面白い感じです。

IMGP2852.jpg

アタリから下描きまで一発でイメージ通りにいけた時とか脳汁が出るよ。フヒ!


ロミオのキャラデザの佐藤好春さんは、一時期ジブリで原画・作監をやられていた
だけあって、ジブリタッチの柔らかい絵をお描きになる…故に…ロミオ原稿をやって
いると、いつの間にかジブリ絵が入り込んでくるという…今までの自分には無かった
現象が起こるので、これが何だか、すごく、自分の中だけで面白い……


IMGP2851.jpg

アタリ段階のアルフレドとか、描いてる時に、おお〜こういうの出てきたか…
なるほどなるほど…!って、描きながらビックリしたり笑っちゃったりするね…

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment



07 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

06

08


 
プロフィール

きんのたまむし

管理人:きんのたまむし
エロくないマッサージ屋はどこですか
目・肩・腰がツラい今日このごろです

 
 
 
Amazon

 
check!!

 
 
ブログ内検索
 

Archive   RSS   Login

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。